不動産選びは株式会社クラストがお助け|悩みをすぐに解決

家の模型を持つ女の人

簡単に出来ないこともある

家

2種類の規定がある

余った土地を利用し、駐車場などを設置する方が増えています。特に都心部や繁華街の近くである場合、駐車場の設置は非常に大きな収益を生んでくれるでしょう。駐車場は常に一定の需要が存在し、周辺地域が活況していれば廃れることはありません。また、人が密集するエリアの場合はいくら存在していても利用者は減らないため、かなり安定感のある土地活用といえるでしょう。駐車場を設置する際には管理者が必要となります。管理者がいなければ無断駐車が横行してしまうので、当然とも言えるでしょう。しかし駐車場をオートメーション化すれば、管理者を置く必要はありません。駐車場管理サービスと契約を結べばオートメーション化が可能なので、検討してみるとよいでしょう。

届け出が必要な場合もある

敷地の空きスペースに駐車場を設置する場合に、月極や会社が従業員のために設置する場合には除外されますが、時間貸しや一定の広さでの時間貸し等の場合には届け出が必要になる場合が発生します。これは駐車場法という法律で設置届け出が義務付けされているからです。なぜかと言うと不特定多数の者が利用する場合に、機械式等の場合で照明が故障で点灯していない場合や、回転半径を故意に狭くして台数を確保したりした場合に、事故が発生した時等には管理者の責任が発生したりします。それを未然に防ぐ狙いがあります。また、自動車が火災を起こした場合に他の車や付近の建物への延焼を防止するために、消火設備の設置を義務付けて周辺への延焼防止を図ることになっています。